【メデル】武蔵野市と高円寺にあるピラティスとフェイシャルが受けられるサロン

素敵な出会いがありました。

こんばんはyukiです。

あまりmederuとは関係のない投稿なのですが、先日とても素敵な出会いがあり、感動したので、ブログにしたくなりました。

自己紹介でもある通り、私は会社員もしております。
最近は、外部へ営業する機会も多いのですが、先日お伺いした営業先は、『aero concept(エアロコンセプト)』というブランドでした。

『aero concept(エアロコンセプト)』は世界的な鞄メーカーで、米ミュージシャンやハリウッドスターからもオーダーが入るようなトップブランドです。そこの創業者でもある職人さんの菅野敬一さんに会いに行きました。

↓こちらがaero conceptの菅野敬一さん


※HIGHFLYERSより引用 http://www.highflyers.nu/hf/keiichisugano1/

上記画像にもインタビューへのリンクを貼らせていただきましたが、菅野さんは25年前に親子3世代続いた工場をバブル崩壊と共に倒産させてしまったんですね。
5億の負債を抱え、毎日死ぬことを考えていたそうです。

ただ、そこで死ねなかったのは家族の事、従業員の事があったから。
自分1人だったら、死んでただろうねぇ。とおっしゃっていました。(倒産したにも関わらず従業員は1人も辞めず工場を再建しました)

 人生で本当に大切な物はなにか?

そのタイミング(倒産)で、色々な物がふるいにかけられて、何が人生で重要かそうでないのか、取捨選択ができた。
と、おっしゃっていました。
もう人生において、不要なものは やらない と決めたそうです。

 私が感じた菅野さんが大切にしているもの

「人」直感でそう思いました。
お伺いした場所は、上記の写真の工場なのです。
プレハブで作られた工場なんですが、入った瞬間に温かみがありました。
それは、菅野さんが作った会社なのだからだとも思いましたし、従業員の方が出している空気だとも思いました。

人に助けられ、人が使う物を職として選んだ菅野さんだからこそ、人との繋がりを大切にしているのだとうと。

 なによりも楽しそう

事務所内は、aero conceptの商品と菅野さんの趣味の物であふれていました。
それを1つ1つ楽しそうに説明してくれる菅野さん(笑)

ご自身の商品、お仕事が本当に好きで好きでたまらないのだな~。と思いました。

ここが1番落ち着くよ。と言った優しい眼差しも素敵でした。

なんだか、私が文章にするとあまり菅野さんの素敵さが伝わっていないかもと心配になります(汗)
よく考えれば、自分と真剣に向き合えれば、当たり前の事を菅野さんはしているかもしれません。

でも、私も含め現代の方はそういう当たり前の事ができていない方が多いから、菅野さんのような本能で生きている方を見ると魅力的に感じてしまうんだろうな。と思いました。

自分を信じる。自分を好きになる。自分の家族を、周りにいる人を大切にする。
楽しい事、好きな事に没頭する。
そして、自分に嘘をつかない。シンプルに生きる。

 

私も人生の棚卸しなきゃ。

 

最後に、菅野さんが、
「あずまさん(旧姓)aero concept持ってるの?」と。
「すみません、まだ持ててないので、持てるように頑張ります!」
「これあげるよ」
「!!!!!!」

と、ずっとずっとショーウィンドウ越しに欲しかったヌードカラーのカードケースをポンと手渡してくれたのです。

もう、涙がでそうになりましたよ。(ちょっと出たかも)
温かすぎる菅野さん。
もうファンです。
そして、このカードケースはお守りです。

次はオーダーできるように頑張ります!!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です